Yusando Co.,Ltd.

[自然栽培]八八郎糙米茶葉100g無農藥無肥料

¥1,200
| /

優質有機八千郎Genmai茶

糙米茶是日本茶的代表茶之一奈良の山奥、寒暖の差が大きい大和高原で、肥料も農薬も使わない土地から生まれた自然そのものの煎茶と秀明自然農法の理念に沿って栽培された幻のお米「初霜」のブレンドでできた最上の玄米茶です。在奈良的山區,在溫差很大的大和高原上,混合了從不使用肥料或殺蟲劑的土地生產的天然釀造茶和根據Hideaki自然農業理念種植的幻影米``Hatsufumi''這是最好的糙米茶。豊かな香りが楽しめる美味しい玄米茶です。香氣濃郁的糙米茶。

生長最慢的最慢煮茶。

標高500メートル、日本で最も新茶が遅い地域で栽培されています。它是日本最慢的新茶產區,海拔XNUMX米。新茶の季節が始まるのが5月の後半。新茶季始於XNUMX月下半月。他のお茶の産地よりも約1ヶ月ほど遅く、ゆっくりと太陽の光を浴びながら、地球の精を吸って、豊かに芽吹きます。它比其他產茶區晚了一個月,在緩慢沐浴在陽光下的同時,它吸收了大地的精神並大量發芽。

幻影米“初霜”。

霜が降りるほど寒くなってから収穫することから名前をつけたと言われる幻のお米「初霜」。幻影米“ Hatsufumi”之所以被命名是因為它是在變冷到結霜後才收穫的。自然農法で15年以上続けて自家採種している種籾から自分たちで栽培してます。我們從種子稻田中耕種,而種子稻田是我們通過自然農業自種超過XNUMX年的。玄米を香りよく、焙煎してもらえる加工場を探した結果、静岡県の尋找靜香縣糙米烤製的加工廠

清一郎釀造的茶品種“矢田”和“山山香織”

Seiichiro Sencha是通過混合兩種類型的茶製成的:“ Yabukita”和“ Sayama Kaori”。

矢田北うま味と甘味、渋味、苦味の4つの要素をもっともバランス良く取れている品種はです。在鮮味,甜味,澀味和苦味這四個要素之間取得最佳平衡的品種。外観も綺麗で、高品質の「やぶき た」は日本の山を思わせる馥郁たる香りが立ちます。外觀也很漂亮,高品質的“矢車田”散發著日本山脈的氣息。

Sa山香織新芽が揃って針のように伸びる姿がユニークな品種です。這是一種獨特的品種,其芽像針一樣生長。うま味が少なく、爽やかな渋味と品種の香りが特徴です。它鮮味少,並且具有令人耳目一新的澀味和品種香氣。ほのかな甘さが感じられる奈良の高原に適した品種です。它是適合在奈良高原品嚐淡淡甜味的品種。

如何喝美味

Yusando的Kihachiro Genmaicha是您真正想放鬆的絕對應該喝的杯子。